重要な話し合いがある時は決まって牛タン屋になる

牛タン屋

たまに私の会社の仙台支店に行く時があるのですが、重要な話し合いがある時は決まってお昼ご飯は牛タン屋になるのです。もちろん、牛タン以外にもいろんな食べ物が仙台にもあることは確かなのですが、やはり仙台の牛タン料理は一度食べるとクセになってしまうのです。とりわけ私のように他府県の者にとっては、一度でも仙台の牛タン料理を食べてしまうと病みつきになってしまうかもしれませんね。何せ仙台に出張とか旅行に来た時にしか、牛タン料理を食べることができないのですから尚更です。

ちなみに、私も仙台の牛タンの味を知らない時には、牛タンといえばペラペラの薄くスライスした牛タンの焼き肉をレモン汁や塩などのあっさりとした味付けで食べるのが本来の食べ方くらいに思っていましたね。ところが仙台の牛タン料理といえば、まるで焼き肉店で食べるカルビやロースのように分厚く切ってあるのですから、その時点で初めて見た人はびっくりするでしょうね。
(参考:一度は食べてみたい仙台牛タンの魅力

おまけに、食べてみるとカルビやホルモンのように、すでに味付けが施されているのですからね。その味付けに関しても、それぞれのお店の秘伝のタレに付け込んであるものばかりなので、お店ごとにも味付けがいろいろと違うのです。そういう意味では、同じ仙台市内で牛タンを食べる場合においても、いろんなお店に行って食べ比べをしてみるというのもいいかもしれませんね。

それから、仙台は牛タンの本場ともいわれるくらいなので、それこそ和牛の牛タンなのかと思っていたのですが、やはり仙台の牛タンも外国産の輸入した牛タンなのだそうですね。確かにいくら仙台は牛タンの本場といっても、牛1頭あたりに付き1個しか牛タンがとれないということもあって、希少価値のある和牛の牛タンは無理かもしれませんね。おまけに仙台では、一般の定食屋に行くと牛タン焼き定食があるくらいですから、相当な量の牛タンを仕入れないといけないのでしょうね。