人類と牛タンの歴史は意外と長いことが判明した

牛タンの歴史

人類の歴史のなかで牛肉が食された可能性は、旧石器時代まで遡ることができるそうです。
当然、大切なカロリー摂取の材料となる牛タンもまた、その時代には食されていたことでしょう。

人類と牛タンの歴史は意外と長いことがわかりましたが、日本の近代食文化のなかで、牛タン料理はどのように発展してきたのでしょうか。
もっとも有名な日本の牛タン料理といえば、仙台牛タンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

第二次大戦が終了して間もないころ、仙台に進駐したGHQによる牛肉食によって、不要部位とされたのは牛タンや牛テールでした。それらを活用し、新たな料理文化を開発したのが、仙台牛タンの始まりともいわれています。
もともとはフランス料理に精通していたという日本のある焼き鳥店の店主が、牛タン焼きの専門店を開業したのが、その後仙台牛タンと呼ばれる食文化の始まりというわけです。
ちなみに発送の出発点となったフランス料理とは、牛タンシチューのようですが、その牛タンを薄切りにして焼いてしまおうと考えたことは、まさに発明といって差し支えないでしょう。

詳しくはこちらの記事へ
→ 牛タンが明日の活力になる

しかしいまでこそ食文化としての地位を築いた牛タン焼きですが、登場した当初は物珍しい料理であり、一種の珍味と考えられていました。
そもそも日本には牛肉食の文化がまだ根付いていませんでしたから、これはある意味で当然のことです。
しかし日本の経済が急激に成長してくるころ、インフラ整備が行われ、人の移動が活発化してくると、自然と仙台の牛タン料理の評判も広がるようになりました。
焼肉のメニューのなかでは比較的ヘルシーであったことから、テレビをはじめとするメディアで大々的に取り上げられたのもこのころのことです。
やがて仙台牛タン焼きは全国区の人気料理となり、牛タンもは焼肉料理に欠かせないメニューとして、広く世間に認められるようになっていきます。牛タン料理の食文化は長い長い歴史があるのです。

昨日は一生に一度くらいの美味しい牛タンを食べた

一生に一度

今回、会社の出張で仙台市まで来ているのですが、仙台は牛タンの本場といわれるだけあって、仙台市内のあちこちに牛タン屋があることにまず驚きました。しかも、前々から仙台の牛タンは美味しいということを聞いていたので、仕事が終わったら早速牛タン専門店に行ってみたのです。お店では牛タン焼き定食を注文したのですが、テーブルに出された牛タン料理を見ると、随分と分厚く切った牛たんがすでに調理済みなのです。もちろん、あらかじめネットで仙台の牛タン料理の写真を見て知っていたので、その厚切りした牛タンに驚くことはありませんでしたが、明らかに今までの牛タンとは料理方法が違いました。見た目は、まるでカルビやロースといった定番の牛肉料理のような印象を受けてしまいます。

おまけに一般の焼き肉店の牛タンといえば、ハムのように薄くスライスされたものが出てくるだけであって、味付けに関してもレモン汁や塩で味付けする程度です。ところが仙台の牛タン専門店では、お店側ですでに味付けを施した牛タンをお客さんに提供するといった感じなのです。

それに味付けに関しても、後でホテルに帰ってからネットで調べてみたのですが、何日間かかけてお店独自の味付けをすることで熟成させるのだそうです。業界用語では、こうした作業を仕込みというらしいのですが、今まで食べていた何の味付けもしていない牛タンとは雲泥の差がありましたね。

ちなみに、仙台市以外で牛タンを食べていたこれまでの私にとっては恥ずかしい話かもしれませんが、ペラペラの牛タンの焼き肉をレモン汁や塩のみのあっさりとした味付けで食べるのが、本来の牛タンの食べ方くらいに思っていたほどです。ちょうど、目からウロコが落ちるという表現方法がありますが、それがそっくり当てはまるような今の心境です。ということで、昨日は一生に一度くらいの美味しい牛タンを食べることができました。忘れられない味ですね。

■参考サイト
http://www.city.sendai.jp/d01/osusume-kawauti.html
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201308/2.html

牛肉の部位の中で女子ウケするのが牛タンという部位

赤身

いつからだろうか、経済の中心に「女子」が君臨するようになったのは。世間が常に女子の意見を参考にするようになっているのは、女子が金を動かすからであり、その女子にウケるかどうかが経済活動においてかなり重要なウェイトを占めるようになっているからだ。

このような世間の流れから、焼肉業界においても女子ウケを気にするような風潮は顕著に出てきたと言えるだろう。実際に牛肉の部位でどの部分が女子ウケするのかということが常に注目されているからである。そしてその牛肉の部位の中で女子ウケするのが牛タンという部位であると言われている。これは牛タンに、女子ウケするような要素が幾つも含まれていることが大きいだろう。

では、どのような点が女子ウケする要素なのだろうか。その一つとして挙げられるのが、ヘルシーというポイントが大きいと言える。女子は常に美味しいものを食べたいという欲望と、ダイエットをしたいとか太りたくないという前者とは相反するような欲望を持っている。
(参考:人類と牛タンの歴史は意外と長いことが判明した

その欲望を両方叶えられるのが、牛タンというヘルシーな部位なのだ。牛タンは脂身がなく、太る可能性が少ない。しかし、脂身が少ないわりに肉としては美味しいという特徴を持つ。その点が女子にはかなり受けていると言えるだろう。

さらに女子ウケする要素を挙げるとすれば、そのあっさり感だ。最近はスイーツでも甘すぎないということが重要になっているため、焼肉もコテコテしすぎていないということが女子ウケを狙う上ではかなり大切なのだ。牛タンは皆さんがご存知の通り、あっさりとしている味なので、その点も女子には人気が出る要素である。

こうやって見ると、牛タンがいかに女子ウケする牛肉の部位かということがよく分かる。そしてこの分析から、これからの時代の焼肉業界を引っ張っていくのは、女子という経済の中心に居る層を取り込める牛タンではないのだろうかと、ついつい思ってしまうのは私だけだろうか。

重要な話し合いがある時は決まって牛タン屋になる

牛タン屋

たまに私の会社の仙台支店に行く時があるのですが、重要な話し合いがある時は決まってお昼ご飯は牛タン屋になるのです。もちろん、牛タン以外にもいろんな食べ物が仙台にもあることは確かなのですが、やはり仙台の牛タン料理は一度食べるとクセになってしまうのです。とりわけ私のように他府県の者にとっては、一度でも仙台の牛タン料理を食べてしまうと病みつきになってしまうかもしれませんね。何せ仙台に出張とか旅行に来た時にしか、牛タン料理を食べることができないのですから尚更です。

ちなみに、私も仙台の牛タンの味を知らない時には、牛タンといえばペラペラの薄くスライスした牛タンの焼き肉をレモン汁や塩などのあっさりとした味付けで食べるのが本来の食べ方くらいに思っていましたね。ところが仙台の牛タン料理といえば、まるで焼き肉店で食べるカルビやロースのように分厚く切ってあるのですから、その時点で初めて見た人はびっくりするでしょうね。
(参考:一度は食べてみたい仙台牛タンの魅力

おまけに、食べてみるとカルビやホルモンのように、すでに味付けが施されているのですからね。その味付けに関しても、それぞれのお店の秘伝のタレに付け込んであるものばかりなので、お店ごとにも味付けがいろいろと違うのです。そういう意味では、同じ仙台市内で牛タンを食べる場合においても、いろんなお店に行って食べ比べをしてみるというのもいいかもしれませんね。

それから、仙台は牛タンの本場ともいわれるくらいなので、それこそ和牛の牛タンなのかと思っていたのですが、やはり仙台の牛タンも外国産の輸入した牛タンなのだそうですね。確かにいくら仙台は牛タンの本場といっても、牛1頭あたりに付き1個しか牛タンがとれないということもあって、希少価値のある和牛の牛タンは無理かもしれませんね。おまけに仙台では、一般の定食屋に行くと牛タン焼き定食があるくらいですから、相当な量の牛タンを仕入れないといけないのでしょうね。

一度は食べてみたい仙台牛タンの魅力

仙台牛タン

この前バーベキューをしていた時に、友達が仙台は牛タンの本場であるといってました。それでそんなことを知らない私は、どこが本場なのか?といろいろ聞いてみたのです。すると、そもそもの牛タンの発祥が仙台であるというのです。おまけに仙台に旅行などで行った際には、ぜひとも食べてみるといい!と友達が力説するのです。その時ばかりは私もビールを飲んで随分と酔っぱらっていたので、どこで仙台の牛タンの話になったのか分かりませんが、バーベキューの途中あたりから仙台の牛タンの話ばかりするので、その時初めて仙台の牛タンというのに興味を持ったのです。。

その後、自宅に帰ってからインターネットで仙台の牛タンについて調べてみたのです。それから仙台の牛タン料理の写真も何枚も掲載されていたのですが、見た目はまるでカルビやロースのように分厚く切ってあるのです。今まで焼き肉店で食べていた牛タンといえば、スライスハムのようにペラペラの状態が当たり前でした。

それがカルビやロースのような厚切りなので、そのこと自体にまずは驚きました。もちろん、焼き上げた牛タンからは肉汁が出ているので、写真を見る限りにおいても美味しそう!といった印象を受けます。

それからさらにどんな味なのかも気になり出したので、仙台の牛タンの魅力についても調べてみることにしました。すると、やはりお客さんの前に牛タンが提供される時点において、仙台の牛タンと一般の牛タンとでは、味付けされた熟成牛タンと単なる生肉牛タンという大きな違いがあることも分かりました。ちなみに一般の焼肉店でもカルビなどは、そのお店ごとに味付けが施されている場合がほとんどなので、牛タンにおいてもあらかじめ味付けが施されていると相当味が違うのかもしれませんね。そんなことをいろいろとインターネットで調べていると、ついつい仙台の牛タンというのを一度でいいから食べてみたいという心境になりました。

牛タンが明日の活力になる

明日の活力

一般的に牛肉といえば、カルビやロースが真っ先に連想されます。従って、そんな牛肉の合間に牛タンを注文するという人がほとんどです。まさか、焼き肉店に行って牛タンしか食べないという人はまずいないでしょうね。やはり牛タンといえば、その程度の位置づけでしかないと思うのです。ところが牛タンは、牛肉の他の部位に比べると随分と栄養価が高いようなのです。しかも、カルビやロースのように脂でギトギトした見た目ではないので、それほど脂っこいという味もしないと思うのです。ちなみに、100グラム当たりに換算するとカルビやロースは500カロリー程で、牛タンは270カロリー程なのだそうです。カルビやロースに比べると半分程度のカロリーということになるのですが、そうしたことからも摂取カロリーを抑えたいと思っている女性には、牛タンはおススメなのかもしれませんね。

ところで、牛タンの栄養価について調べてみると、カロリーが他の部位に比べると低目というだけでなく、その他の栄養成分も豊富に含まれているようなのです。
(参考:重要な話し合いがある時は決まって牛タン屋になる

例えば、牛タンに含まれているビタミンB1は、ご飯や麺類などの炭水化物を燃焼させる働きがあるので、ダイエットをしたいという人には大切な栄養成分なのだそうです。また、牛タンにはビタミンB2も含まれており、ビタミンB2は皮膚の新陳代謝を助けてくれる働きがあるのだそうです。専門用語ではお肌のターンオーバーというのですが、ターンオーバーのサイクルが停滞気味になると、紫外線で発生したメラニン色素がいつまでも剥がれ落ちずに皮膚に残ってしまうことにもなるので、シミやそばかすの原因ともなり兼ねません。その他にも、牛タンにはリポビタンDでは有名なタウリンという栄養素が含まれています。従って、大まかにいえばタウリンを摂取すると身体が活性化されて元気が出るということにもなるので、牛タンを食べると明日の活力にも繋がるでしょうね。